『運動会』と『入園説明会』のお知らせをアップしました。ここをクリック!!

感覚教育

3才~6才は感覚の敏感期といわれますが、この時期には感覚的体験を数多くすると同時に、そこで得た印象を整理し、さらに洗練させる必要があります。

その中で対比づけ、段階づけ、分類することなどから、論理性、抽象能力を身に付け、さらに幅広く知的活動へと進んでいきます。知的活動の基礎といわれています。

視覚 円柱さし・ピンクタワー・茶色の階段・赤い棒・色付き円柱・色板・幾何タンス・構成三角形・二項式・三項式
触覚 触覚板・布合わせ・温覚筒・温覚板・重量板・ひみつ袋・幾何立体
聴覚 雑音筒・音感ベル
味覚 味覚ビン
嗅覚 嗅覚筒