年中さんの縄跳びは、ガンバレ!ガンバレ!の応援もあってにぎやかに

先生のかけ声は「ごヨウイ!」

幼稚園名物のギンモクセイ

9日に表現発表会を終わった翌週はオシゴト後の横割りは普段どおり。今朝配布された週間予定を見ると、年長さんの活動内容は連日聖劇。1、2、3、1、2、3、1、2、3、4!元気な掛け声に降りてみると年中さんの体育が始まっていた。全員緑色の縄跳びヒモ持っていてにぎやか。縄跳びができる広さに広がるところから始まった。二回ほどやり直した後で「では、何人のお友達が飛べるか先生は見たいので、笛の合図で始めてください。」何とか様になる子もいるが大半の子はあやしい。子どもたちの様子が分かった先生は、先ずは、飛ぶことからの提示。みどりのヒモを束ねて足元に置き、前後に飛び越えることを繰り返す。「誰が最後までできるでしょうか。競争です。ヒモを踏んだ人は負けです。座りますよー。では、ごようい!ピー!」この「ごヨウイ!」がいかにも幼稚園の先生らしくてかわいいのだ。「まーえ、うしろ、まーえ、うしろ…」「Tくんはすわります。」早々とヒモを踏んだT君がオチタ。「座ったお友達は応援しましょう。ガンバレ!ガンバレ!」にぎやかな応援が続いた。「ピッピー!ハイ終わりまーす。たくさんのお友達がよくできました。」

何人飛べるかな?

2018年11月19日